PR

 企業におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)実践の広がりに伴って、セキュリティー対策にもこれまでとは異なる視点が必要になりつつある。デジタルを活用するビジネスの範囲が拡大すれば、守るべき対象も増える。またクラウドサービスの活用が当たり前になり、企業内外を問わず、さまざまな場所にあるシステムが防御対象になる。

 そうした考えのもと「ゼロトラストネットワーク(ゼロトラスト)」と呼ばれる概念を取り入れたセキュリティーの仕組みを構築する企業も増えている。従来主流だったファイアウオールなどの境界型防御から、接続元のネットワークを問わず適切な認証・認可を制御するセキュリティーに切り替えているのだ。

 ここでは、DXの推進とともにセキュリティー対策を見直したり、ゼロトラストの仕組みを取り入れたりしている企業の事例や、セキュリティー対策における現状の課題を取り上げた記事などをまとめた。サイバー攻撃がますます多様化、高度化するなか、セキュリティー事故の被害でビジネスを止めないために、役立つヒントが見つかるはずだ。