PR

 新型コロナウイルス感染症の拡大で勤務形態や新人教育のあり方を大きく変えざるを得なかった企業は多いだろう。中でも、テレワーク下における部下の体調およびメンタルのケアは重要な課題だ。ついつい個人の裁量に任せがちになり、「危うい」状態になっている部下のSOSを見逃していないだろうか。

 約1年前の調査では、テレワークにおいて上司は「部下が元気でやっているか」、部下は「自分の頑張りが認められていないのではないか」といった非対面ならではの不安を抱えている状況が浮かび上がった。オンラインミーティングなどを積極的に活用してコミュニケーションを取りたいところだが、信頼関係ができていなければ部下は上司に素直に悩みなどを相談してくれない可能性もある。

 働き方が変わっても良好な関係を作るうえで大切なポイントは変わらないはずだ。ここでは、部下からの信頼を高めるコツや、1on1ミーティングの効果的な進め方、部下の自信を後押しする方法などをまとめた。不安定な世の中でストレスを抱えやすい今だからこそ、上司は日ごろのケアを怠らず、万が一部下が不調になった際もリカバリーできるようにしておきたい。