PR

 医療現場におけるオンライン活用が日本でもようやく本格化してきた。「コロナ特例」を皮切りに、距離や頻度、金額などによる様々な制約を撤廃。普及に向けて依然課題は残るものの、最近はオンラインをメインとした「デジタルクリニック」も誕生した。

 症状によっては、対面よりオンラインの方が適切な措置が取れるケースもあるという。双方の利点を掛け合わせ、欠点を補い合うことでより質の高い医療サービスが実現できるはずだ。

 ここでは、オンライン診療を取り巻く環境の変遷と現在地を整理する。また、オンライン診療が浸透した先にはどんな未来が待っているのか。先行する米国やシンガポールからヒントを見つける。