PR
無料セミナー
接触確認アプリ、本当に使う?~公益のための個人データ活用とは 6/8 18時

 Kaggle(カグル)は国際的なAI(人工知能)開発のコンテストプラットフォームのこと。企業の依頼を受けて、賞金付きAI開発コンテストをオンラインで開催する。AI開発者が腕を競う「AI道場」ともいえる。

 米カグル(Kaggle)が2010年に開設し運営している。2017年に米グーグル(Google)が同社を買収した。

 Kaggleのコンテストに参加するAI開発者を「Kaggler(カグラー)」と呼ぶ。コンテストには無料で参加できオンラインで完結するので、Kagglerは世界中にいる。

 Kagglerは各コンテストで企業が提供したデータから予測モデル、つまり入力データを基に推論するプログラムを開発し、予測精度を競う。1つのコンテストの期間は一般的に2~3カ月ほどだ。Kagglerはデータの特性を素早く読み解き、前処理を施し、分析モデルを構築して、プログラムとして実装するまでを2~3カ月でこなす必要がある。

Kaggleに参加するAI開発者「Kaggler」の称号
Kaggleに参加するAI開発者「Kaggler」の称号
[画像のクリックで拡大表示]

 Kagglerはコンテストで好成績を積み重ねることにより称号を得られる。最上位から「Grandmaster」「Master」「Expert」「Contributor」「Novice」の5段階だ。