全1219文字
PR

 小中高等学校で必修となる「プログラミング的思考」を養うための教育のこと。学習指導要領の改訂に伴い、小学校では2020年度から、高等学校では2022年度から必修となる。既に必修となっている中学校では2021年度から内容が拡充される。ここでいうプログラミング的思考とは、コンピューターを動かすためにプログラムを組み上げるように、目標達成のために必要なプロセスを論理的に組み立てる能力のことだ。

 小学校におけるプログラミング教育で育む資質や能力は、知識および技能、学びに向かう力、思考力の3つ。身近な生活でコンピューターが活用されていることや、コンピューターはプログラムで動いていることへの気づきを与え、問題の発見や解決にコンピューターを活用しようとする姿勢とプログラミング的思考を育てるのが、小学校におけるプログラミング教育の狙いだ。プログラミング言語を用いたコーディングそのものを学ぶのではなく、国語や算数といった教科学習の中でプログラミング的思考を身につけさせる。

 中学校では技術の授業でプログラミングを扱う。これまで技術の授業ではプログラムによる計測・制御の基本的な内容を学習していた。2021年度からは、ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツをプログラミングで作成し、生活や社会における問題を解決するための学習が始まる。

 高校ではこれまで、プログラミングを扱わない「社会と情報」とプログラミングを扱う「情報の科学」のどちらかを選択していたが、2022年度から新たに「情報Ⅰ」が共通必修科目になる。全ての生徒がプログラミングやネットワーク、データベースなどの基礎を学ぶ。加えて情報Ⅰの発展的な内容という位置づけの「情報Ⅱ」が選択科目として登場する。

 小中高のプログラミング教育は一貫して、「プログラミングはあくまでも手段」との位置づけだ。プログラミングの体験を通じて技術への理解を深め興味を持つことを目的としており、プログラミング言語の習得を必須とするわけではない。

 文科省はGIGAスクール構想を掲げプログラミング教育などで使用するコンピューターの整備を進めている。2020年度中にほとんどの小中学校で、児童生徒が1人1台の端末を使える環境が整う予定だ。

教員の育成が課題に

 小学校でも既にプログラミング教育を実践している学校もある。茨城県つくば市のみどりの学園義務教育学校は、授業でビジュアルプログラミング言語のScratchを使って、児童にプログラムを組ませている。例えば小学4年生の社会の授業では、「もっと好きになる私たちのまち」というテーマの調べ学習で、発表資料をScratchで作成させている。

 プログラミング教育を実施する上での課題は、プログラミング経験のない教員をどのように「教育」するかだ。プログラミング教育だけでなく、他の授業でのICT活用の成否は、自らICTを使いこなせる教員を育成できるかにかかっている。