PR

 日産自動車は2018年11月22日、取締役会を開催し、不正行為を理由にカルロス・ゴーン氏の会長兼代表を解いたと発表した。ゴーン氏は、フランス・ルノー(Renault)と日産、三菱自動車の3社のアライアンス会長も務める。今後は、アライアンス会長職を、ルノーもしくは日産のどちらが担うのか、そして3社連合をどう維持、展開していくのかが問われる。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い