PR
日産社長兼CEOの西川広人氏
日産社長兼CEOの西川広人氏
[画像のクリックで拡大表示]
ルノー新会長のジャンドミニク・スナール氏
ルノー新会長のジャンドミニク・スナール氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真:日産、ルノー

 フランス・ルノー(Renault)は2019年1月、会長兼最高経営責任者(CEO)だったカルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)氏が退任し、新会長にフランス・ミシュラン(Michelin)CEOのジャンドミニク・スナール(Jean-Dominique Senard)氏が就く新体制を発表した。これを受け、日産自動車の社長兼CEOである西川広人氏は「スナール氏は優れたビジネスパーソンであり、経験豊富。パートナーとして尊敬でき、透明性も十分にある。歓迎したい」とコメントした。スナール氏も「優先して取り組むのは、ルノーの新体制構築と、日産・三菱自動車との関係強化だ」と抱負を述べた。

 友好ムードだが、楽観はできない。ゴーン氏が逮捕された2018年11月以降、日産とルノーの取締役の間では「コミュニケーションが上手く行かなくなった」(西川氏)という。日産はゴーン氏を会長から外す決定をしたものの、ルノー側は裁判の様子を見守るという姿勢をとったためだ。開発現場でも3社アライアンスの協業プロジェクトがぱたりと止まったという。

 一度冷え込んだ関係を修復するのは容易ではない。問題の根幹は、3社の実力(技術力や収益力)と、資本関係がねじれていることだ。ルノーは日産に43%、日産はルノーに15%出資し、日産は三菱自株を34%保有する。資本の論理ではルノーが主導権を握るが、電動化や自動運転など、次世代の技術力では日産が上との見方がほとんどだ。利益の大半も日産が稼いでいる。この問題を解決できないと、日産の現場に不公平感が溜まり、3社アライアンスが再び機能不全に陥りかねない。これを機に3社の資本関係を見直し、危機をチャンスに変えられるのか、正念場は続く。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

[緊急出版]アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド

[緊急出版]アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド

Amazonランキング第1位(企業経営一般関連書籍、5月13日〜21日)

 自動車、IT、建設など主要9業界を徹底取材し新型コロナの影響を分析。非接触技術の最新情報、オフィスの未来、制約条件下での新たなイノベーションなど7つのトレンドを徹底解説。30人の論客による予測も。

『アフターコロナ』の詳細はこちら

IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

IoTを知らずにこれからのビジネスはできない「IoT」の全てを網羅した決定版!

本書は「IoT」とは何かについて、基礎から体系的に学べる唯一の書です。IoT分野で使われる用語を網羅し、定義はもちろん、図版や事例を多用しつつ分かりやすく解説しました。

詳細はこちら

ボッシュ自動車ハンドブック 日本語第4版

ボッシュ自動車ハンドブック 日本語第4版

自動車技術を学ぶための最良の一冊!

豊富な図表により、難しい内容も理解しやすく構成。約6,000項目の詳細なインデックスで、知りたいことを一発検索。自動車業界で使用される欧文略語を巻末に掲載。

詳細はこちら