全688文字
PR
撮影:日経Automotive
撮影:日経Automotive
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタ自動車やデンソー、アイシン精機が出資するソフトウエア開発会社のTRI-AD(トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント)が、東京・日本橋の新オフィスを披露した。世界中から優秀なソフトウエアエンジニアを集め、「世界一安全なクルマを作る」コンセプトを掲げるTRI-ADにとって、新オフィス設立は重要な意味合いを持つ。

 愛知県の豊田市にある「トヨタの本社オフィスではできないことがココではできる。海外の優秀な技術者でも働きたくなるような場所に仕上げた」─。トヨタから出向している担当者は自信を示す。

 ソフトウエア技術者は、米国を中心に新興勢力のGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)に集まる傾向がある。新オフィスでは、トヨタ自動車シニアフェローで、TRI-ADのCEO(最高経営責任者)を務めるジェームス・カフナー氏(写真)が技術者と話しながら、設備から仕事内容まで、即断即決で進めていく。極めてフラットな組織だという。

 クルマの室内空間やHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)を開発するチームは、開発ツールそのものを作る。トライ&エラーを繰り返しながら進めるため、速さと柔軟性が求められる。内覧会では海外の複数の技術者が英語で説明した。

 一方、量産車への組み込みソフト開発部門は、緻密で何度も検証していくトヨタ自動車の働き方に近い。大胆さと緻密さの両方を備える組織だ。

 新オフィスは単なるソフト拠点ではなく、トヨタ自動車の“変革の象徴”ともなりえる。自動運転時代のクルマ作りで“日本橋”が存在感を示せるかが問われている。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)