全686文字
PR
2020年3月19日の記者会見で語る日本自動車工業会会長の豊田章男氏(撮影:日経Automotive)
2020年3月19日の記者会見で語る日本自動車工業会会長の豊田章男氏(撮影:日経Automotive)

 「真剣に考えなければいけないが、深刻には考えないようにしている」─。日本自動車工業会・会長の豊田章男氏(トヨタ自動車社長)は2020年3月に記者会見を開き、世界的に大流行する新型コロナウイルスの現状への受け止めを語った。

 新型コロナウイルスを巡っては、自動車業界でも生産と販売の両面で大きな影響が出始めている。世界の自動車メーカーが工場での生産を停止。新車販売は落ち込み、中国では2020年2月の新車販売台数が前年同月比で80%も減少した。

 厳しい状況ではあるものの、豊田氏は会見で「あえて前向きな言葉を使い、改革を一気に進めていく時と捉えたい」と述べた。同氏の考えはこうだ。

 「世の中には、コントロールできるものとできないものがある。コントロールできないものを深刻に考えれば、人はネガティブになってしまう。深刻にはならず、まずはコントロールできる範囲のことを真剣にやっていくのがよい」。

 現在取り組むべきこととして、豊田氏はいくつかの実例を挙げた。1つは将来の変化に向けた準備である。新型コロナウイルスの影響で移動の自由が制限される中、「モビリティーの役割が都市部と過疎地でずいぶんと違うことを、現実として考えられる機会になる」(同氏)と位置付けた。

 販売面や働き方も改革への機運も高まる。店舗での販売からインターネットへの切り替えが加速し、働き方改革も「待ったなしで実行していかなければならない状況」(同氏)だ。いずれも、自動車業界では“まだ先"と思われていたことである。

 コントロールできることを見定め、深刻ではなく真剣に取り組む。この経験が将来の糧になるはずだ。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する