全715文字
PR
出所:Porsche
出所:Porsche
[画像のクリックで拡大表示]

 電気自動車(EV)の電池電圧を現状の400V程度から800Vに高める新しい取り組みが始まった。欠点である長い充電時間を短くできる。ドイツPorsche(ポルシェ)が新型EVで先駆けた。800V対応インバーターを提供したのは、日立グループとみられる。米GMが追随すると表明し、今後世界で広がる可能性がある。

 ポルシェは20年に発売した新型EV「Taycan(タイカン)」で電池電圧を800Vに高めた(写真)。充電の出力を2倍にすることで、大量の電池を搭載して航続距離を延ばしつつ充電時間を短縮する。

 さらに充電ケーブルを細くして、軽くできる利点もユーザーにとって大きい。電圧を高めると、電流が抑えられてケーブルの発熱量を小さくできる。冷却機構が簡単になる。車両の動力性能も上げられる。駆動モーターを小さく軽くしながら高出力にできる。電圧を高めて電流を抑えた分、電線を細く軽くしやすい。電線は、モーターの質量の大きな比率を占める。

 Taycanの構成部品のうち800Vで動作するのは、前後の駆動モーターと温水式の暖房装置である。高い出力が必要で、高電圧化による小型軽量効果が大きい。その他の部品は、電池電圧を48Vか12Vに降圧して動かす。

 充電インフラも800Vになる。欧州では800V対応で出力が150kWと大きい充電器の設置が始まった。日本では50kW(400V・125A)にとどまる充電器が主流だが、日本の充電規格「CHAdeMO」は400kW(1000V・400A)に対応済み。20年4月には日本と中国で策定した共同規格の日本版を発行し、500kW超級の超高出力に対応し始めた。日中でEVの800V化の土壌が整いつつある。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

車載Ethernetセミナー2021

車載Ethernetセミナー2021

次世代の車載ネットワークの最新動向をオンラインセミナーで解説

トヨタ、ホンダ、BMW、デンソー、コンチネンタルなど、国内外の講師を招聘、毎年人気のイベントを今年も開催。

詳しいプログラム、お申し込みはこちら

『アカン!DX』

『アカン!DX』

日本企業と行政のDXの隠れた大問題を見える化!

DXブームは既に腐り始めている――。人気コラム「極言暴論」「極言正論」の筆者が、日本企業や行政のDXの問題点をずばり指摘する。経営者から技術者までDXに取り組むすべての人の必読書!

書籍『アカン!DX』の詳細はこちら

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中