全708文字
PR
画像:テスラが配信した動画をキャプチャー
画像:テスラが配信した動画をキャプチャー
[画像のクリックで拡大表示]

 米Tesla(テスラ)は2020年9月22日(現地時間)、価格を2万5000ドル(1ドル=105円換算で約263万円)に抑えた電気自動車(EV)を23年までに市場投入する計画を発表した。低コストなリチウムイオン電池の内製化にめどを付け、大衆車市場に打って出る。

 「2万5000ドルのEVを製造することは会社を始めたころからの夢だったが、3年以内には実現できると確信している」─。同社CEO(最高経営責任者)のElon Musk(イーロン・マスク)氏が、同日に開いた電池事業の説明会「Battery Day(バッテリーデー)」で宣言した。

 テスラが現在販売しているEVで最も低価格なのは小型セダン「モデル3」で、米国での価格は3万7990ドル(約399万円)から。新型EVは、モデル3から1万ドル以上の低価格化を目指す。

 実は、マスク氏が2万5000ドルのEVを投入する意向を示したのは今回が初めてではない。18年3月にも「3年以内に発売できる」と語っていた。だが、低価格化のカギを握る電池の調達コストを十分に下げられず、計画を後ろ倒しした。

 23年の投入に向けて、テスラは電池戦略を見直した。外部調達から、リチウムイオン電池の内製化に軸足を移す。内製するのは、直径46mm×長さ80mmの「4680」と呼ぶ新しい寸法の円筒型セル。電池パックの単位容量あたりのコスト(ドル/kWh)を従来品から56%低減できるという。

 テスラは既に、4680セルの試験生産を小規模で開始している。マスク氏は、「1年以内に年産10GWhまで生産能力を高めていく」と意気込む。ガソリン車よりも安価なEVを実現できるか。実行力が試される。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料
「製造業DX CONFERENCE 2022」開催

「製造業DX CONFERENCE 2022」開催

デジタル融合で加速するものづくりの進化

製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)の最先端を知りたい方に。先進企業の事例やDXを支援する製品/ソリューションを集めたイベントを開催します。参加は無料。

事前登録で動画/資料が見られます

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中