全1180文字
PR

2039年に全車カーボンニュートラル

Daimler CEOのOla Kallenius氏
Daimler CEOのOla Kallenius氏
(写真:Daimler)
[画像のクリックで拡大表示]

 「わが社の創業者が馬なしでモビリティーを造り出したように、我々は排出ガスなしでモビリティーを造り出すことが課題だ」。長年ドイツ・ダイムラー(Daimler)の社長を務めたディーター・ツェッチェ氏に代わり、2019年5月に新社長に就任したオラ・ケレニウス(Ola Kallenius)氏は、2019年9月のフランクフルトモーターショーで、電動化への意思を改めて示した。

 ダイムラーは2020年末までに20車種以上のプラグインハイブリッド車(PHEV)または電気自動車(EV)を市場投入する計画だ。2030年までに販売する新車の半分を電動車にするとした。また、欧州では2022年までにカーボンニュートラルな新車生産を実現し、2039年には全ての新車でカーボンニュートラルを達成する目標を掲げている。

 フランクフルトショーでは、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)のEVブランド「EQ」シリーズ第3弾となるコンセプトカー「ビジョンEQS(Vision EQS)」を公開。同車はEQシリーズで初の大型セダンに当たる。オラ・ケレニウス氏は「ビジョンEQSは高級セダンのこれからの形を示すものだ」と述べた。他に、量産型となるミニバンの新型EV「EQV」を発表。また、AクラスとBクラスではPHEVも公開した。

長距離の本命はEVよりFCV

BMW会長のOliver Zipse氏
BMW会長のOliver Zipse氏
(写真:BMW)
[画像のクリックで拡大表示]

 「我々は電動化の最前線にいる。BMWグループがノルウェーで販売した車両は4台中3台が電動化車両だ」。ドイツBMW会長のオリバー・ツィプセ(Oliver Zipse)氏は、2019年9月のフランクフルトショーで、BMWグループの電動化戦略の成果を語った。

 同グループでは、PHEVなどの電動化車両を2023年までに25車種導入する計画を掲げている。うち、半数以上をEVとする方針だ。ただ、航続距離を考慮すると、水素燃料電池の技術が鍵を握るとBMWは見込む。2022年には燃料電池車(FCV)の試験車両を導入する予定とし、FCVのコンセプトカー「i Hydrogen NEXT」を初公開した。

AIは生産ラインで欠かせない存在

日産自動車副社長の坂本秀行氏
日産自動車副社長の坂本秀行氏
(写真:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 「人工知能(AI)の生産ラインへの活用が次世代勝者の条件になる」─。生産現場でのAIの活用について、日産自動車副社長で生産担当の坂本秀行氏は2019年9月、都内でこのように述べた。

 日産の生産現場では、(1)製品の検査、(2)ロボットの故障予測、(3)顧客の需要変動への対応、(4)部品メーカーが被災したときの効率的な生産─の4項目でAIを活用している。

 坂本氏は、作業員が苦手な作業を担ったり、時間にとらわれない働きやすい環境を実現したりするのがAIやロボットであり、人間との補完関係になっていくと予測する。AI活用は、今後欠かせないものになっていく、とした。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

[緊急出版]アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド

[緊急出版]アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド

Amazonランキング第1位(企業経営一般関連書籍、5月13日〜21日)

 自動車、IT、建設など主要9業界を徹底取材し新型コロナの影響を分析。非接触技術の最新情報、オフィスの未来、制約条件下での新たなイノベーションなど7つのトレンドを徹底解説。30人の論客による予測も。

『アフターコロナ』の詳細はこちら

IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

IoTを知らずにこれからのビジネスはできない「IoT」の全てを網羅した決定版!

本書は「IoT」とは何かについて、基礎から体系的に学べる唯一の書です。IoT分野で使われる用語を網羅し、定義はもちろん、図版や事例を多用しつつ分かりやすく解説しました。

詳細はこちら

ボッシュ自動車ハンドブック 日本語第4版

ボッシュ自動車ハンドブック 日本語第4版

自動車技術を学ぶための最良の一冊!

豊富な図表により、難しい内容も理解しやすく構成。約6,000項目の詳細なインデックスで、知りたいことを一発検索。自動車業界で使用される欧文略語を巻末に掲載。

詳細はこちら