PR

 ガソリンエンジンの熱効率を飛躍的に高める希薄燃焼(リーンバーン)―。実現手段の一つとして注目を集めるのが、プレチャンバー(副燃焼室)燃焼技術である。低コストで二酸化炭素(CO2)排出量を大きく減らせる“費用対効果”が高い技術で、2020年以降にエンジンの主流になる可能性を秘める。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料
「製造業DX CONFERENCE 2022」開催

「製造業DX CONFERENCE 2022」開催

デジタル融合で加速するものづくりの進化

製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)の最先端を知りたい方に。先進企業の事例やDXを支援する製品/ソリューションを集めたイベントを開催します。参加は無料。

事前登録で動画/資料が見られます

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中