PR

 マツダの次世代エンジン群の輪郭が見えてきた。アップサイジング(大排気量化)エンジンの投入やリーンバーン(希薄燃焼)エンジンの量産計画、ロータリーエンジンの復活、次期ディーゼルの開発も進む。本格ハイブリッドと距離を置き、独自路線を歩む。「天才エンジン技術者」と称される人見光夫氏(常務執行役員・シニア技術開発フェロー)に針路を聞いた。

かねて主張してきたアップサイジング。ライトサイジング(排気量の適正化)と呼ぶ声もありますが、他社が追随してきました。

 私はライトサイジングとは言ってませんよ。10年以上前から、各社が排気量を増やして、そのうちアップサイジングするだろうとは言ってましたけど。

 ライトサイジングと言い始めたのは、ドイツの自動車メーカーです。ダウンサイジング(小排気量化)した後、やっぱり排気量を増やすときにアップサイジングではなくライトサイジングと言いました。

 だから2015年に欧州のエンジン国際会議で私が講演したときに、最後に「ライトサイジング・イズ・アップサイジング」と皮肉たっぷりに言ってやりました(笑)。皆さん排気量を小さくし過ぎたので、適正化とはすなわちアップサイジングなんですよね、と。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い