PR

 対向車や歩行者などがまぶしくないように配光を制御する「ADB(Adaptive Driving Beam)」機能を備えたヘッドランプの開発が加速している。どうコストを抑え、きめ細かく制御できるようにするか。普及価格帯の量販車への採用を目指し、ヘッドランプ大手のフランス・ヴァレオ(Valeo)や小糸製作所などが新方式を提案した(図1)。

(a)
(a)
[画像のクリックで拡大表示]
(b)
(b)
[画像のクリックで拡大表示]
図1 ValeoがCreeと共同開発したヘッドランプ
(a) 1000画素超のLEDモジュールを内蔵し、対向車に光を当てないようにした。(b)道路の車線を描くこともできる。(出所:Valeo)

 対向車や先行車、歩行者の顔だけでなく、標識にも強い光を照射しないようにして反射光を抑える─。運転者の視認性を確保する“芸達者”なヘッドランプの登場が相次いでいる。雪の結晶を模したアイコンや先行車との衝突の危険性を知らせるアイコンなどを路面に投影して、運転者に注意を促す機能も備える。進む方向を路上に矢印で示し、歩行者や周囲の人に安心感を与えることもできる。

 開発競争のきっかけをつくったのはドイツ・ダイムラー(Daimler)だ。同社は2018年、「DIGITAL LIGHT」と名付けた新型ヘッドランプを、超高級車「メルセデス・マイバッハSクラス」に初採用した。

高コストなDMDの代替技術

 Daimlerの新型ヘッドランプの肝となる技術が、多数のマイクロミラーの向きをMEMS(Micro Electro Mechanical Systems)によって変えるDMD(Digital Micromirror Device)である。メルセデス・マイバッハSクラスが採用したDMDは、130万画素のマイクロミラーを備え、照射箇所をより柔軟に設定できる。

 ただし、DMDは「コストが非常に高く、高級車でないと採用が難しい」(ある日系自動車メーカーの技術者)という課題がある。配光制御できるヘッドランプは安全性の向上に大きく寄与するため、自動車メーカーは「普及価格帯の量販車に採用できるコスト水準の技術を強く求めている」(同技術者)状況だ。

 DMDよりもコストを抑えつつ、きめ細かく配光を制御する技術として、Valeoは1000画素程度の微小なLEDチップをアレー状に並べたLEDモジュールを使う方式を提案する。画素ごとに独立して点滅を制御できる。

 LEDモジュールは、1000画素程度でありながら7.5mm角程度と小さい。「モジュールを4個までつなげてヘッドランプに搭載可能」(Valeoの担当者)なため、照射範囲を4000の領域に分割して配光制御できる。100万画素超のDMDほどではないが、「路面にアイコンや矢印などを投影する機能も実現できる」(同担当者)。LEDモジュールは米クリー(Cree)製を採用した。