PR

 ホンダはコネクテッド機能を備えた「つながる」バイクを発売する(図1)。2020年までに量産を始めて、市場規模が大きい東南アジアから順次投入するとみられる。小型から大型まで幅広い車格に同機能を載せる見通し。通信によって使い勝手を高めて他社と差異化していく。日経 xTECHの調べで分かった。

図1 ホンダのバイク
図1 ホンダのバイク
写真は電気自動車(EV)スクーター。バイクにもCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)の波が押し寄せる。
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダがバイクにコネクテッド機能を載せるのは初めて。車両本体に通信モジュールを取り付ける場合と、スマートフォン(スマホ)用のアプリケーション(アプリ)として提供する場合を想定する。

 提供するサービス内容は検討段階にある。日常生活の“足”である小型車と、趣味としての色合いが強い大型車では違ったサービスを提供していくようだ。

 例えば、商用車で先行するような故障予知や保守点検のサービスが考えられる。バイクはクルマよりも整備不良が命の危険につながりやすい。特に、排気量250cc以下の車両は車検制度の対象外となり、整備が行き届いていない状態が発生しやすい傾向にある。ホンダは走行距離や走行パターンなどの情報を収集して分析し、エンジンオイルや補機ベルトの交換時期を運転者に通知する。故障を未然に防ぐ。車両を安全に長く使えるようにして顧客を囲い込む。