PR

 欧州で自動車アセスメントを手掛けるEuroNCAPは2019年5月下旬、新たに7車種の衝突安全試験結果を発表した。試験したのは、ドイツ・アウディ(Audi)の初めての電気自動車(EV)「e-tron」、ドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen)「T-Cross」、トヨタ自動車「Lexus UX」、マツダ「Mazda 3」、フランス・ルノー「Clio」、トヨタ「Corolla」「RAV4」の7車種(図1)。このうちe-tronとT-Cross、Lexus UXの3車種は新型車となる。

図1 アウディ「e-tron」
図1 アウディ「e-tron」
前面オフセット衝突で車両前部が大きく破損したものの、車室に影響することはなく、乗員の保護性能が高かった。(写真:EuroNCAP)
[画像のクリックで拡大表示]

 試験の結果、7車種すべてが最高ランクの五つ星を獲得した。クルマの構造自体の進歩に加え、最新テクノロジーによる各種の安全装備の搭載が進み、評価ポイントを上げている。従来は高級車にしか搭載しなかったような安全装備が、次第に大衆車にも普及してきたことの影響が大きい。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料