PR

 トヨタ自動車の研究子会社が開発している自動運転用の高精度地図を更新するためのデータ収集基盤。地図更新に必要なデータを第三者となる多くの企業などと共有し、開発を加速する狙いがある。トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)で、地図基盤開発を率いるマンダリ・カレシー(Mandali Khalesi)氏は、地図基盤を公開し、第三者と共有する目的として「各社が地図データ基盤を作るのは非効率で、中立的なデータ流通プラットフォームが必要になる」との考えを示した()。

図 左が五十嵐氏、右がカレシー氏
図 左が五十嵐氏、右がカレシー氏
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方で第三者にとっては、トヨタに“虎の子”のデータを“無償”で提供するようにも映る。日系大手自動車メーカーの自動運転技術者は、地図基盤へのデータ提供者を募る取り組みに対して、「参加するのは難しいだろう」と否定的に見ている。

 「トヨタにデータを取られるだけではないのか」という懸念を払拭するためにも、カレシー氏は開発を急ぐ。「ものがなければ、話しようがない。まずは動くシステムを早く作り、いろいろな人に使ってもらいながら事業モデルなどを考えていきたい」(同氏)。第三者がデータを提供する際の条件や仕組みなどを含めた事業モデルについてカレシー氏は、「まだ何も言えない」と話すのにとどまる。

AWS活用し地図基盤を試作

 懸念を取り除くために標準化団体を作り、各社が集う手段も考えられる。ただTRI-ADは否定的である。「標準化団体で議論し始めると、ものすごい時間がかかる」(カレシー氏)ためだ。

 TRI-ADで地図基盤の開発を担当する五十嵐諒氏によると、開発を早めるために「Amazon Web Services(AWS)」を活用した。試作版を「わずか2カ月で開発できた」という。試作版を使いながら、第三者の候補となる企業などとこれから議論を深めていく。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

[緊急出版]アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド

[緊急出版]アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド

Amazonランキング第1位(企業経営一般関連書籍、5月13日〜21日)

 自動車、IT、建設など主要9業界を徹底取材し新型コロナの影響を分析。非接触技術の最新情報、オフィスの未来、制約条件下での新たなイノベーションなど7つのトレンドを徹底解説。30人の論客による予測も。

『アフターコロナ』の詳細はこちら

IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

IoTを知らずにこれからのビジネスはできない「IoT」の全てを網羅した決定版!

本書は「IoT」とは何かについて、基礎から体系的に学べる唯一の書です。IoT分野で使われる用語を網羅し、定義はもちろん、図版や事例を多用しつつ分かりやすく解説しました。

詳細はこちら

ボッシュ自動車ハンドブック 日本語第4版

ボッシュ自動車ハンドブック 日本語第4版

自動車技術を学ぶための最良の一冊!

豊富な図表により、難しい内容も理解しやすく構成。約6,000項目の詳細なインデックスで、知りたいことを一発検索。自動車業界で使用される欧文略語を巻末に掲載。

詳細はこちら