全721文字
PR

 富士通は2019年10月初め、自動車から集まるビッグデータをリアルタイムで処理するデータ基盤の新製品「FUJITSU Future Mobility Accelerator Stream Data Utilizer(以下Stream Data Utilizer)」の提供を始めると発表した。自動車から得られる走行データをストリーム処理して渋滞状況を可視化したり、ドライバーの運転技術を診断したりできる。自動車業界や保険業界などに売り出す。

 「既存の渋滞情報サービスは早くても5分程度のタイムラグがあるが、Stream Data Utilizerであればリアルタイムで状況を反映できる」()。富士通の井上大悟Mobilityシステム事業本部プラットフォーム事業部シニアマネージャーは新製品の優位性をこう強調する。

図 渋滞状況を可視化するデモの様子
図 渋滞状況を可視化するデモの様子
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 具体的には、自動車メーカーであればブレーキの効きの状態を継続的に監視して交換時期を提案するメンテナンスサービスを提供できる。保険会社であれば急ブレーキなどの危険運転が少ないドライバーに割安な保険料を設定する使い方ができる。

 Stream Data Utilizerはオンプレミスに加え、米Amazon Web Services(AWS)や米Microsoft Azureなどのクラウド環境でも使える。ただし富士通はSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)としては提供せず、システム構築サービスで使う。

 提供価格は、要件定義やセットアップを含む初期費用が200万円(税別)からで、月額利用料が10万円(同)から。月額料金はデータ量に応じて課金する。富士通は2025年をめどに新製品に関連する事業で売上高100億円超を目指す。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

さよならオフィス

さよならオフィス

オフィス不要論はウソ?ホント? 新型コロナで働く場所はどう変わる?

 誰も出社しないオフィスなんて、必要なのか。新型コロナで働き方が一変し、「オフィス不要論」も飛び出した。ジョブ型雇用って何? オフィスの価値って何? 10の疑問を徹底取材し、働き方ニューノーマルを解き明かす。

『さよならオフィス』の詳細はこちら

10/12~23開催「日経クロステック EXPO 2020」事前登録開始!

10/12~23開催「日経クロステック EXPO 2020」事前登録開始!

社会、産業、生活の"ニューノーマル”に迫る

「日経クロステック EXPO 2020」はオンライン開催。ウィズコロナ時代のデジタル変革、働き方・組織のニューノーマルといった観点を中心に、様々な講演、ソリューション紹介を展開します。人工知能、5G/IoT、ブロックチェーンといった技術キーワード、テーマについても、例年以上にパワーアップしたコンテンツをお届けいたします。

事前登録はこちら

IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

IoTを知らずにこれからのビジネスはできない「IoT」の全てを網羅した決定版!

本書は「IoT」とは何かについて、基礎から体系的に学べる唯一の書です。IoT分野で使われる用語を網羅し、定義はもちろん、図版や事例を多用しつつ分かりやすく解説しました。

詳細はこちら

ボッシュ自動車ハンドブック 日本語第4版

ボッシュ自動車ハンドブック 日本語第4版

自動車技術を学ぶための最良の一冊!

豊富な図表により、難しい内容も理解しやすく構成。約6,000項目の詳細なインデックスで、知りたいことを一発検索。自動車業界で使用される欧文略語を巻末に掲載。

詳細はこちら