全2695文字
PR

 世界の自動車市場にブレーキがかかった。世界の新車販売台数(以下、世界販売台数)は2017年の9680万台をピークに、以降は失速。2018年に9506万台に落ち、2019年は落ち幅がさらに大きくなる見込みだ。

 こうした逆風が吹く中、トヨタ自動車が世界販売台数を増やしている。グループではなく同社単体、いわゆる「トヨタ車」の2019年の世界販売台数は971万台に達した(図1)。実に、8年連続の前年超えだ。自動車業界は世界中の競合企業がしのぎを削る、典型的な「レッドオーシャン」。すなわち、血で血を洗うと形容されるほどの激しい“生存競争”が繰り広げられている業界だ。そうした環境にあっても、着々と販売台数を稼いでいるのがトヨタ自動車なのである。

図1 逆風をついて販売台数を伸ばすトヨタ自動車
図1 逆風をついて販売台数を伸ばすトヨタ自動車
世界の自動車メーカーの販売台数(左軸)は2017年をピークに失速している。だが、トヨタ自動車は2019年まで8年連続で世界販売台数を伸ばしている。(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 だが、自動車の開発や生産の方法は標準化が進んでおり、多少の違いはあっても世界中の自動車メーカーが同じようにクルマを造っている。同じ車格で見ると、搭載している技術も価格も似たようなものだ。にもかかわらず、「なぜトヨタ車ばかりが売れるのか?」─。かねて筆者が感じていたこの疑問に対する“回答”を、トヨタ自動車副社長のディディエ・ルロワ氏が2020年3月期(2019年度)第3四半期決算発表の席で披露した。