全487文字
PR

 自動運転技術開発の米ウェイモ(Waymo)は2020年5月、30億ドル(1ドル=108円換算で3240億円)を新たに調達した。予定の22億5000万ドルを上回った。

 投資会社のほか、カナダの自動車部品大手マグナ・インターナショナルや自動車販売などを手掛ける米オートネーション(AutoNation)が出資した。ウェイモは、車両への自動運転システムの実装でマグナと協力関係にある。オートネーションとは、自動運転の実験サービスで提携している。

 ウェイモによれば、自動運転車による公道走行の実績は延べ2000万マイル(約3219万km)を超え、競合他社を圧倒している()。シミュレーションでは、既に100億マイルを走行させたとする。カリフォルニア州では、ベイエリアを中心に多数の会社の自動運転車が走行しているが、中でもウェイモの車両を頻繁に目にする。

図 ウェイモの自動運転車
図 ウェイモの自動運転車
(出所:ウェイモ)
[画像のクリックで拡大表示]

 サービス運用の実績もある。2018年には米アリゾナ州で自動運転車を使ったタクシーサービス「Waymo One」を開始しており、既に利用者は数千人に達しているという。2019年には、ミシガン州デトロイトに製造拠点を設けている。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料
「製造業DX CONFERENCE 2022」開催

「製造業DX CONFERENCE 2022」開催

デジタル融合で加速するものづくりの進化

製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)の最先端を知りたい方に。先進企業の事例やDXを支援する製品/ソリューションを集めたイベントを開催します。参加は無料。

事前登録で動画/資料が見られます

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中