全546文字
PR

 中国・比亜迪(BYD)の欧州支社であるBYD Europeが、欧州で電動車戦略を拡大すると発表した(図)。現在、BYDは欧州で公共交通機関用の電動バス「eBus」と電動大型バス「eCoach」を導入している。次の成長戦略としてピュアEV(電気自動車)の乗用車を試験導入するほか、小型商用車やトラックのEVを導入する計画だ。

(a)
(a)
[画像のクリックで拡大表示]
(b)
(b)
[画像のクリックで拡大表示]
(c)
(c)
[画像のクリックで拡大表示]
(d)
(d)
[画像のクリックで拡大表示]
図 BYDの電動車
(a)ピュアEVのTang EV600、(b)19tの大型EVトラック、(c)商用EVパネルバン、(d)構内用EVトラクター。(写真:BYD Europe)

 まずは、電動コンパクトSUV「Tang」を2020年後半にノルウェー市場に投入する。Tangは中国市場などでプラグインハイブリッド車(PHEV)として販売されているが、ノルウェーに投入するのは第2世代のEV「Tang EV600」となる。Tang EV600は4輪駆動式で、1回の充電で最大520kmの航続距離を実現するという。ノルウェーは国を挙げてEVの普及を目指しており、欧州で最も充電網が整備が進んでいる国だ。長期的にはノルウェー以外の欧州諸国でもEVの販売拡大を目指す。

 商用車でも2020年後半からEVを投入する計画だ。小型商用車ではパネルバン、トラックでは7.5tおよび19tの輸送用EVトラック、その他、EVヤードトラクター(構内用トラクター)なども欧州市場に投入する。まずは欧州で確立したEVバスの供給網を使って2020年末にEVトラックを発売する。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

さよならオフィス

さよならオフィス

オフィス不要論はウソ?ホント? 新型コロナで働く場所はどう変わる?

 誰も出社しないオフィスなんて、必要なのか。新型コロナで働き方が一変し、「オフィス不要論」も飛び出した。ジョブ型雇用って何? オフィスの価値って何? 10の疑問を徹底取材し、働き方ニューノーマルを解き明かす。

『さよならオフィス』の詳細はこちら

10/12~23開催「日経クロステック EXPO 2020」事前登録開始!

10/12~23開催「日経クロステック EXPO 2020」事前登録開始!

社会、産業、生活の"ニューノーマル”に迫る

「日経クロステック EXPO 2020」はオンライン開催。ウィズコロナ時代のデジタル変革、働き方・組織のニューノーマルといった観点を中心に、様々な講演、ソリューション紹介を展開します。人工知能、5G/IoT、ブロックチェーンといった技術キーワード、テーマについても、例年以上にパワーアップしたコンテンツをお届けいたします。

事前登録はこちら

IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

IoTを知らずにこれからのビジネスはできない「IoT」の全てを網羅した決定版!

本書は「IoT」とは何かについて、基礎から体系的に学べる唯一の書です。IoT分野で使われる用語を網羅し、定義はもちろん、図版や事例を多用しつつ分かりやすく解説しました。

詳細はこちら

ボッシュ自動車ハンドブック 日本語第4版

ボッシュ自動車ハンドブック 日本語第4版

自動車技術を学ぶための最良の一冊!

豊富な図表により、難しい内容も理解しやすく構成。約6,000項目の詳細なインデックスで、知りたいことを一発検索。自動車業界で使用される欧文略語を巻末に掲載。

詳細はこちら