全452文字
PR

 タイヤのホイールハブに、液体コンパウンドが入ったカートリッジを入れるとタイヤのトレッドが再生する─。そんなタイヤのコンセプト「reCharge」をザ・グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニー(The Goodyear Tire and Rubber Company、グッドイヤー)が発表した(図)。

図 新しいタイヤのコンセプト
図 新しいタイヤのコンセプト
(a)reChargeの全体像、(b)カートリッジを入れているところ、(c)トレッドに液体コンパウンドが染み出している(青色部分)、(d)reChargeの構造。(出所:グッドイヤー)
[画像のクリックで拡大表示]

 reChargeは、ホイールハブの部分に穴を持ち、ここにカートリッジを差し込む形態となっている。カートリッジに入った液体コンパウンドがタイヤのトレッド面に染み出し、トレッドを回復させる。カートリッジの交換でトレッド面が回復するのでタイヤの交換はほぼ不要となる。

 カートリッジの種類を変えることで、夏用、冬用のほか、道路特性や個人の特性にあったコンパウンドを選択できる。コンパウンドには、クモの糸から発想を得た生物由来の繊維を採用し、耐久性と生分解性を持つ。タイヤはエアレスで、フレームがトレッド面を支える構造を採用。空気圧のメンテナンスやパンクの心配を不要にする。なお、発売時期や価格は未公表。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

車載Ethernetセミナー2021

車載Ethernetセミナー2021

次世代の車載ネットワークの最新動向をオンラインセミナーで解説

トヨタ、ホンダ、BMW、デンソー、コンチネンタルなど、国内外の講師を招聘、毎年人気のイベントを今年も開催。

詳しいプログラム、お申し込みはこちら

『アカン!DX』

『アカン!DX』

日本企業と行政のDXの隠れた大問題を見える化!

DXブームは既に腐り始めている――。人気コラム「極言暴論」「極言正論」の筆者が、日本企業や行政のDXの問題点をずばり指摘する。経営者から技術者までDXに取り組むすべての人の必読書!

書籍『アカン!DX』の詳細はこちら

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中