全674文字
PR

 日産自動車と中国・欣旺达电动汽车电池(Sunwoda Electric Vehicle Battery、以下Sunwoda)は、日産のハイブリッドシステム「e-POWER」向け次世代電池の共同開発について検討を開始することで合意した。

 両社は、共同開発した車載用電池の安定供給に向け、効率的な生産技術の開発についても検討を進める。今後、具体的な共同開発の内容と条件を協議し、2020年末までの最終合意を目指す。

 日産のe-POWERは、エンジンを発電のみに使ってモーター駆動するシリーズ方式のハイブリッドシステムである(図1)。発電した電力を蓄えるリチウムイオン電池を備える。電池はパナソニックが日産に供給してきた。

図1 日産のシリーズハイブリッド機構
図1 日産のシリーズハイブリッド機構
エンジンの左脇に見える黒色の部品がリチウムイオン電池で、現在はパナソニックが供給している。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 日産は今回のSunwodaとの合意を機に、e-POWER用電池の調達先の拡大を検討していく。Sunwodaグループは、米Apple(アップル)や同Google(グーグル)のスマートフォンに電池を供給するなど、民生機器を中心に実績を持つメーカーだ(図2)。

図2 Sunwoda Electric Vehicle Batteryの社屋
図2 Sunwoda Electric Vehicle Batteryの社屋
本社は中国広東省深圳市にある。(出所:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 日産は現在、e-POWER搭載車を日本とタイで展開中で、「今後はグローバル市場のB、Cセグメントに投入していく」(同社)という。その一環として、20年内には中国で販売を開始する予定。

 「NISSAN NEXT」と名付けた新しい中期経営計画を20年5月に始動させた日産。その柱の1つが電動化の推進で、23年までに年間100万台の電動車両を販売する目標だ。コスト競争力のある電池をSunwodaと共同開発することで、中国およびグローバル市場でのe-POWER車の拡販を目指す。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

10/12~23開催「日経クロステック EXPO 2020」事前登録開始!

10/12~23開催「日経クロステック EXPO 2020」事前登録開始!

社会、産業、生活の"ニューノーマル”に迫る

「日経クロステック EXPO 2020」はオンライン開催。ウィズコロナ時代のデジタル変革、働き方・組織のニューノーマルといった観点を中心に、様々な講演、ソリューション紹介を展開します。人工知能、5G/IoT、ブロックチェーンといった技術キーワード、テーマについても、例年以上にパワーアップしたコンテンツをお届けいたします。

事前登録はこちら

[緊急出版]アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド

[緊急出版]アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド

Amazonランキング第1位(企業経営一般関連書籍、5月13日〜21日)

 自動車、IT、建設など主要9業界を徹底取材し新型コロナの影響を分析。非接触技術の最新情報、オフィスの未来、制約条件下での新たなイノベーションなど7つのトレンドを徹底解説。30人の論客による予測も。

『アフターコロナ』の詳細はこちら

IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

IoTを知らずにこれからのビジネスはできない「IoT」の全てを網羅した決定版!

本書は「IoT」とは何かについて、基礎から体系的に学べる唯一の書です。IoT分野で使われる用語を網羅し、定義はもちろん、図版や事例を多用しつつ分かりやすく解説しました。

詳細はこちら

ボッシュ自動車ハンドブック 日本語第4版

ボッシュ自動車ハンドブック 日本語第4版

自動車技術を学ぶための最良の一冊!

豊富な図表により、難しい内容も理解しやすく構成。約6,000項目の詳細なインデックスで、知りたいことを一発検索。自動車業界で使用される欧文略語を巻末に掲載。

詳細はこちら