全1023文字
PR

 トヨタ自動車は2020年9月、ソフトウエアの更新によって既販車に搭載している自動ブレーキの機能を向上させる取り組みを始めた。昼間の車両だけに対応している既販車の自動ブレーキを、昼間の歩行者も検知できるようにして、予防安全性能を強化する。夜間歩行者や交差点の右左折には対応しない。

 20年9月に小型車の「アクア」と「ヴィッツ」への対応を始めた()。同年10月以降、中型ミニバン「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」や小型ミニバン「シエンタ」など合計11車種に対象を広げる計画である注)

図 小型車「アクア」の既販車
図 小型車「アクア」の既販車
TSS-Cを搭載し、15年11月に発売した。(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]
注)対象車種はアクアとヴィッツ、ノア/ヴォクシー/エスクァイア、シエンタの6車種のほかに、小型車「ポルテ/スペイド」、商用バン/ワゴン「プロボックス/サクシード」、タクシー向け車両「ジャパンタクシー」の5車種である。

 トヨタの先進運転支援システム(ADAS)「Toyota Safety Sense(TSS)」には現在、4種類ある。(1)過去に「TSS-C」と呼んでいたシステム、(2)過去に「TSS-P」と呼んでいたシステム、(3)最新版の第2世代TSS「TSS2」、(4)TSS2の改良版である。第1のシステムは自動ブレーキ用センサーとして、レーザーレーダーと単眼カメラの一体型ユニットを使う。第2と第3、第4のシステムは、ミリ波レーダーと単眼カメラを搭載する。

 今回は第1のシステム(TSS-C)を搭載する既販車について、単眼カメラの画像認識ソフトなどを更新し、昼間の車両に加えて歩行者も認識できるようにする。ソフトの更新費用は4180円(消費税込み、作業費別)。全国のトヨタ系列販売店で更新作業を行う。

 ソフト更新後の自動ブレーキは、歩行者に対して約10~65km/hの速度域で作動し、衝突を回避あるいは衝突の被害を軽減する。車両に対しては、約10~80km/hの速度域で作動する。

 なお4種類のTSSのうち、第2のシステム(TSS-P)の自動ブレーキは、昼間の車両や歩行者に対応する。第3のシステム(TSS2)の自動ブレーキは昼間の車両や歩行者、夜間歩行者に対応しており、主にカメラのハードウエアとソフトウエアを改良して実現した。

 一方、第4のシステム(TSS2改良版)の自動ブレーキは昼間の車両や歩行者、夜間歩行者に加え、交差点の右左折における車両や歩行者を検知する。TSS2で使うカメラのハードの仕様は変更せず、ソフトの改良で交差点対応を実現した。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

車載Ethernetセミナー2021

車載Ethernetセミナー2021

次世代の車載ネットワークの最新動向をオンラインセミナーで解説

トヨタ、ホンダ、BMW、デンソー、コンチネンタルなど、国内外の講師を招聘、毎年人気のイベントを今年も開催。

詳しいプログラム、お申し込みはこちら

『アカン!DX』

『アカン!DX』

日本企業と行政のDXの隠れた大問題を見える化!

DXブームは既に腐り始めている――。人気コラム「極言暴論」「極言正論」の筆者が、日本企業や行政のDXの問題点をずばり指摘する。経営者から技術者までDXに取り組むすべての人の必読書!

書籍『アカン!DX』の詳細はこちら

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中