全3764文字
PR

 2025年までに全てのクルマを電動車にすると宣言したスウェーデンVolvo Cars(ボルボ・カーズ)。20年4月、48V仕様の簡易ハイブリッド車(MHEV:Mild Hybrid Electric Vehicle)用パワートレーン「B5」を搭載したSUV(多目的スポーツ車)「XC60」を日本で発売した(価格は639万円から、)。Volvoの電動車戦略の中核となるパワートレーンで、今回、B5に搭載したガソリンエンジン(型式:B420T2)を分析する。

図 48V簡易ハイブリッド車「XC60」
図 48V簡易ハイブリッド車「XC60」
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 電動車用ではあるものの、エンジン設計と燃焼改善にかなり気合を入れた大幅なモデルチェンジだ。比出力や比トルク、理論空燃比燃焼の性能、排気対応を含めて世界トップ水準と言える。親会社の中国Geely Automobile(吉利汽車)のエンジン設計者がかなり関与しているのかもしれない。

 さらにVolvoは、25年までに二酸化炭素(CO2)排出量を18年比40%低減する目標を掲げており、高出力ハイブリッド車(SHEV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)、電気自動車(BEV)なども随時投入する計画。25年に100万台の電動車を生産するという。

 新パワートレーンB5に採用されているエンジンは、直列4気筒2Lの過給直噴ガソリンである。ISGM(Integrated Starter Generator Motor)と呼ばれるモーター兼発電機がベルトを介してエンジンとつながることで、滑らかなエンジン始動や、ブレーキ時のエネルギー回生を実現する。極低温でも従来のスターターなしでエンジンを始動できるのもすばらしい。最高出力10kWのISGMによって、WLTCモード燃費は11.5km/Lに達する。比出力は92kW/L、比トルクは175Nm/Lと過給エンジンとしても高い。