全653文字
PR

 日本精工(NSK)は2021年2月、社長交代人事を発表した。代表執行役専務の市井明俊氏が21年4月1日付けで代表執行役社長・CEO(最高経営責任者)に昇格する。15年6月から社長を務めてきた内山俊弘氏は代表権のない会長に就任する。

 「新しいものを理解するセンスにたけている」─。2月2日にオンラインで開いた記者会見で内山氏は、次期社長の市井氏をこう評価した()。NSKは現在、19年度から始まった3カ年の中期経営計画(中計)の2年目。今回のタイミングでの社長交代は「次期の中計の立案から責任を持ってもらいたかった」(内山氏)からだという。

図 NSKが社長交代
図 NSKが社長交代
左が社長・CEOの内山俊弘氏で、右が次期社長の市井明俊氏。市井氏は自動車事業を長く担当し、欧州向けの部品事業を拡大させた実績を持つ。インドでは総支配人を務めた。(出所:日本精工)
[画像のクリックで拡大表示]