全1438文字
PR

 日本精工(NSK)は2021年3月、ドイツVolkswagen(フォルクスワーゲン、VW)から電気自動車(EV)向け電動パワーステアリング(EPS)の受注を獲得したと発表した。23年にNSKの中国工場で量産を開始し、VWの世界拠点に供給していく。

 VWは電動車用の部品開発や内製化を強化することを目的に、Volkswagen Group Components(フォルクスワーゲン・グループ・コンポーネンツ)という組織を19年1月に設立。その一環で19年5月にNSKとステアリング開発で協業する契約を締結していた。

 協業の第1弾としてVWグループとNSKは、VWのEV専用プラットフォーム「MEB(Modular Electric Drive Toolkit)」向けに「ピニオン式」のEPSを共同開発した(図1)。現在VWが量産中のMEBの車両に搭載されているEPSもピニオン式で、今回の部品は第2世代品となる。MEB向けEPSの第1世代品は他社が部品を供給していた。

図1 VWのEV専用プラットフォーム「MEB」
図1 VWのEV専用プラットフォーム「MEB」
VWはMEBを適用した最初の車両「ID.3」の量産を20年に開始した。(出所:VW)
[画像のクリックで拡大表示]