全1605文字
PR

 トヨタ自動車は2021年4月8日、高級車「レクサスLS500h」とFCV(燃料電池車)「MIRAI(ミライ)」に、独自の自動運転コンセプト「Mobility Teammate Concept」に基づく高度運転支援技術「Advanced Drive(アドバンストドライブ)」の搭載車を設定したと発表した。レクサスLSは同日に、MIRAIは4月12日に同搭載車を発売した(図1)。

図1 運転支援システムにAIを搭載
図1 運転支援システムにAIを搭載
トヨタとして初めてAIを使った運転支援システムを搭載した。左がレクサスLS500h、右がMIRAI。(出所:トヨタ)
[画像のクリックで拡大表示]

 Advanced Driveは、いわゆる「レベル2+」のADAS(先進運転支援システム)だが、深層学習(ディープラーニング)ベースのAI(人工知能)技術やOTA(Over The Air)によるソフトウエア更新、前方LiDAR(レーザーレーダー)など、新技術をふんだんに取り入れて安全性や快適性を高めた点が特徴である。

 カー・ナビゲーション・システムで目的地を設定すると、車載システムが運転者を監視しながら、周囲の状況に応じて認知・判断・操作を支援する。高速道路で車線・車間維持、分岐、車線変更、追い越しなどをシステムが支援するため、運転者は負担を軽減できる(図2)。

図2 低速車を追い越す車線変更
図2 低速車を追い越す車線変更
前方に低速車がいた場合、システムが追い越しを提案する。運転者が承認操作を行うと、システムが車線変更を支援する。また、追い越し車線から元の車線に戻るスペースがある場合は、システムが元の車線に戻ることを提案する。(出所:トヨタ)
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタ先進技術開発カンパニー先進安全領域統括部長の鯉渕健氏は、「前方LiDARは、今回のために新規開発した。車載コンピューターには、米NVIDIA(エヌビディア)やルネサスエレクトロニクスの高性能SoC(System on Chip)を採用した。運転者監視システム(DMS)はアイシンが開発した。高精度地図はダイナミックマップ基盤(DMP)の計測データを使った」と述べる。

 前方LiDARはデンソーが開発した(図3)。平面ミラーを用いたメカニカルスキャン方式で車両の検知距離は200m以上、水平検知角は120度であり、従来品に比べて検知距離を2倍以上、水平検知角を5倍以上に向上させた。降雪環境に対応するヒーター機能や、レーザー受光部の汚れを除去するウオッシャー機能を同社として初めて搭載した。

図3 前方LiDARを搭載
図3 前方LiDARを搭載
デンソーが開発した前方LiDARは、車両の検知距離が200m以上、水平検知角が120度である。図はレクサスLS500hの構成。(出所:トヨタ)
[画像のクリックで拡大表示]