全1833文字
PR

 トヨタ自動車が実用化した最新の高度運転支援システム「Advanced Drive(アドバンストドライブ)」に、必須とは言えない部品が搭載されている(図1)。それが、バックアップ用のリチウムイオン電池と、それを制御する「冗長電源モジュール」である。これらが、輝きを放つのはこれから。現状の「レベル2」から「レベル3」への橋渡しを担う、重要な部品なのだ。

図1 「Advanced Drive(アドバンストドライブ)」を搭載する「レクサスLS」
図1 「Advanced Drive(アドバンストドライブ)」を搭載する「レクサスLS」
Advanced Driveは現状、レベル2に相当する先進運転支援システム(ADAS)。冗長電源モジュールはデンソーテン製で、荷室内に配置した。モジュールの大きさは、ブラケット(取り付け用の金具)部分を除くとA5サイズほど。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタのAdvanced Driveは現状、レベル2に相当する先進運転支援システム(ADAS)である。“手放し運転”は可能だが、あくまで制御の主体は運転者にある。ADASの機能に何らかの失陥が発生しても、運転者が自らの力で車両を停止または安全な位置まで移動させることが前提になる。

 だから、バックアップ用の電池と冗長電源モジュールを必ずしも搭載する必要はない。それでも採用に踏み切ったのは、レベル2のADASの信頼性向上に加えて、レベル3へのアップデートを見越してのことだろう。

 レベル3は、車両システムが一定時間は車両の制御を続けて、安全に停車する必要がある。このため、センサーやECU(電子制御ユニット)、電動パワーステアリング(EPS)、ブレーキなどに加えて、バックアップ電源が必須となる注)

注)レベル3機能を搭載するホンダのセダン「LEGEND Hybrid EX・Honda SENSING Elite」は、バックアップ電源として鉛蓄電池を備える。メイン電源に万が一の事態が発生したときは、バックアップ電源から各部品に電力を供給する。