全1626文字
PR

 英Arm(アーム)は、ソフトウエア定義車両(Software Defined Vehicle、SDV)の実現に欠かせないソフト基盤を開発するオープンプロジェクト「SOAFEE(Scalable Open Architecture for Embedded Edge)」を2021年9月に発表した。

 これまで自動車はハードとソフトが強く結びついており、特定のハードに合わせてソフトを個別に開発してきた。これに対し、SDVではハードとソフトを分離し、開発したソフトをさまざまなハード(車両)上で実行可能にする。ハードを抽象化するHAL(Hardware Abstraction Layer)などを導入し、ハードの違いによらず、さまざまなアプリケーションを動かす。OTA(Over The Air)によるソフト更新にも対応する。ADAS(先進運転支援システム)や自動運転、IVI(車載情報システム)など、増加の一途をたどる車載ソフト開発の効率化が期待されている。

 各アプリは車両側とクラウド側で負荷分散しながら協調動作することが求められる。その際、各アプリは「コンテナ」と呼ばれるソフトモジュールとして、車両側とクラウド側にそれぞれ実装し、協調させる(図1)。しかし、実際には「車両側とクラウド側の両方に実装可能なコンテナはごく一部に限られている」(アーム日本法人応用技術部ディレクターの中島理志氏)という。自動車特有のリアルタイム制御や機能安全、サイバーセキュリティーなどの要件を満たせないためだ。

図1 車両とクラウドで協調動作
図1 車両とクラウドで協調動作
SOAFEEでは、IVIアプリやADASサービスなど、コンテナ化されたソフトモジュールを車両とクラウドで負荷分散しながら協調動作させるための基盤技術を開発する。(出所:アーム)
[画像のクリックで拡大表示]

 そこで、SOAFEEではリアルタイム制御や機能安全、サイバーセキュリティーといった「ミクストクリティカリティー」に対応できる新たなソフト基盤をオープンプロジェクトとして開発する。すでにSOAFEEの第1弾となるオープンソースは公開されたという。

 プロジェクトの発起人はアームだが、さまざまな自動車関連メーカーを巻き込んで開発を活発化させていく方針である。すでにドイツVolkswagen(フォルクスワーゲン)のソフト開発子会社である同CARIAD(キャリード)や、トヨタ自動車傘下で自動運転技術を開発するウーブン・プラネット・ホールディングスなどが同プロジェクトへの賛同を表明している(図2)。

図2 SOAFEEプロジェクトに賛同する企業
図2 SOAFEEプロジェクトに賛同する企業
VWのソフト開発子会社キャリードや、トヨタ傘下のウーブン・プラネットなどがSOAFEEプロジェクトへの賛同を表明している。(出所:アーム)
[画像のクリックで拡大表示]

 SDV向けのソフト基盤としては、VWの「VW.OS」や、トヨタの「Arene(アリーン)」などがある。今回のSOAFEEは、自動車のソフト基盤を「非競争領域」と捉え、業界で標準化する動きとして注目できる。