全2476文字
PR

 日系自動車メーカー7社の2021年度上期(21年4~9月)の連結決算が出そろった。前年同期(20年4~9月)と比べ、各社ともに世界販売台数と業績は回復した。ただ、車載半導体や東南アジアから調達する部品の不足は各社の想定を上回った。その結果、大規模な減産に追い込まれ、7社すべてが21年度通期(21年4月~22年3月)の世界販売見通しを下方修正した。生産回復は道半ばであり、依然として楽観視できない状況が続く。

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響を受けて、20年度上期の世界の自動車市場は、すべての地域で大きく減少した。その後、中国や北米などの市場が回復し、21年度上期の世界市場は前年同期に比べて大幅に拡大した(図1)。

図1 世界の自動車市場(万台)
図1 世界の自動車市場(万台)
新型コロナ感染拡大の影響を受けて20年度上期はすべての市場が縮小したが、21年度上期はすべての市場で拡大した。( )内は前年同期比の増減率。日産自動車の公表データを基に日経Automotiveが作成。
[画像のクリックで拡大表示]