全1243文字
PR

 日産自動車の小型ハイブリッド車(HEV)「ノート」の質感を高めた派生車「ノートオーラ」が堅調に受注台数を伸ばしている(図1)。企画当初からの狙い通り、国内外の上級車から乗り換えるユーザーを中心に取り込んだ(表)。上級車が搭載する部品を流用したことで、上質さとコストの低減を両立した。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
図1 日産の小型HEV「ノートオーラ」と「ノート」
[画像のクリックで拡大表示]
図1 日産の小型HEV「ノートオーラ」と「ノート」
[画像のクリックで拡大表示]
図1 日産の小型HEV「ノートオーラ」と「ノート」
(a)ノートオーラの外観。(b)ノートオーラの内装。(c)ノートの外観。(d)ノートの内装。ノートオーラは中型SUV「ローグ」や新型電気自動車(EV)「アリア」といった日産の上級車から内装部品を流用している。ノートオーラは月間販売目標の3000台に対し、発売から2カ月弱で1万6870台を受注した。(出所:日産)
表 ノートオーラはノートに比べ約58万円高い
日産の発表内容を基に日経Automotiveが作成。
表 ノートオーラはノートに比べ約58万円高い
[画像のクリックで拡大表示]

 開発責任者が「小型車だからといって、ユーザーに妥協をさせない」(同社第1製品開発部チーフビークルエンジニアの渡辺明規雄氏)と語るように、輸入車からの乗り換えも想定し、小型車セグメントの枠に収まらない上質さを求めて開発した。