全2030文字
PR

 自動車のドアを施解錠する鍵が大きく変わろうとしている。従来はユーザーが物理的な“メカニカルキー”を持ち歩き、直接鍵穴に差し込んだり、鍵のボタンを押したりして施解錠するのが一般的だった。近年は鍵を携帯して車両に近づくだけで施解錠できる“スマートキー”が普及しているほか、新たにスマートフォンのアプリケーションで施解錠するデジタルキーも登場(図1)。これを機に米Apple(アップル)や同Google(グーグル)といった巨大勢力が自動車の鍵に参入してきた。

図1 アップルのデジタルキー機能を初めて採用したドイツBMW「5シリーズ」
図1 アップルのデジタルキー機能を初めて採用したドイツBMW「5シリーズ」
自動車の鍵は、直接鍵穴に差し込んだり、ボタンを押して施解錠したりするものから、機器を携帯して車両に近づくだけで施解錠できるものに進化してきた。今後、スマホのアプリでドアを施解錠するデジタルキーが広がるとみられる。(写真:BMW)
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートキーではデンソーやドイツContinental(コンチネンタル)が世界市場で大半のシェアを握る。だが、デジタルキーの搭載が本格化すれば、従来の鍵メーカーは異業種にシェアを奪われかねない。こうした中、メカニカルキーで国内最大手の東海理化が異色の戦略でデジタルキー事業に挑み始めた。

 同社は、トヨタ自動車向けのメカニカルキーではほぼ100%、同社向けのスマートキーでもデンソーに次ぐ約3割のシェアを持つ。今後はデジタルキー事業注1)で2024~25年に約40億円、28~30年に約100億円の売り上げを目指す。スマートキーは今後も拡大の余地が残るものの、メカニカルキーは売り上げの減少が予想されるからだ。

注1)小売り・流通業や住宅といった自動車、モビリティー以外の分野も含む。