全1812文字
PR

 パナソニックは車載事業に関する合同取材会を2021年10月に開催し、次世代コックピット向けの統合ソリューションを発表した。車載情報システム(IVI)やメーター、HUD(ヘッドアップディスプレー)、電子ミラー、先進運転支援システム(ADAS)などを束ねる統合ECU(電子制御ユニット)「コックピットドメインコントローラ」を開発する。

 現在、自動車業界で起きているECUの統合化やSDV(ソフトウエア定義車両)への移行は、かつての携帯電話機からスマートフォンへの変化に似ている。統合ECU開発を指揮するパナソニックオートモーティブ社常務CTO(最高技術責任者)兼開発本部本部長の水山正重氏は、過去に携帯電話機の技術責任者を務めた経験を持つ(図1)。

図1 次世代コックピット向けの統合ECUを開発
図1 次世代コックピット向けの統合ECUを開発
(a)開発を指揮するパナソニックオートモーティブ社常務CTO兼開発本部本部長の水山正重氏、(b)次世代コックピットのイメージ。(出所:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]

 「スマートフォンへの変化では、我々だけでなく日本の多くの携帯電話機メーカーが出遅れた。IT企業との連携よりも、自分たちで良いものを作ることに固執しすぎた。世の中がどんどんエコシステム(生態系)型の開発形態に移っていたにもかかわらずだ。ここは大きな反省点だった」(同氏)。大規模な開発は1社ではできず、さまざまな企業がエコシステムを構成し、互いに強みを発揮していくことが重要と指摘する。

 技術の強みを持つことは重要だが、それによってクローズドな世界をつくり、特定の企業が支配する“ベンダーロックイン"の状況をつくり出すことは、「特にソフトの世界では信用されなくなるし、誰もついてこなくなる」(同氏)という。他社に迷惑をかけるような仕組みではなく、互いに発展できる仕組みを構築する必要がある。

 同社はこうした考えのもと、統合ECUの開発に際しては、IT企業との連携や、技術の標準化活動などに力を入れる。エコシステム全体の発展に貢献しながら、肝となる技術をしっかりと押さえることで、市場投入までのリードタイムを縮め、競争力を高めたい考えだ。