全1094文字
PR

 マツダは、2人乗りの小型オープンスポーツカーである「ロードスター」(軟質のルーフを取り外し可能なソフト・トップ・モデル)と「同 RF」(硬質のルーフを電動で開閉できるリトラクタブル・ハード・トップ・モデル)を改良し、2022年1月に発売した。今回の改良における最大のポイントは、コーナリング(旋回)中に強い加速度(G)が車体に加わる高速・高G域で、より安定した旋回姿勢を実現する新技術「Kinematic Posture Control(KPC)」を搭載したことである。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)