全1297文字
PR

 米保険業界の非営利団体で、自動車の衝突安全性を評価するIIHS(Insurance Institute for Highway Safety)は2022年2月、昨年米国で発売された22年型モデルについて「Top Safety Pick+(最優秀賞)」および「Top Safety Pick(優秀賞)」を受賞したモデルを発表した。

 「Top Safety Pick+」を獲得したのは65モデルで、前年の49モデルから大幅に増加した。「Top Safety Pick」は36モデル(前年は41モデル)となり、全体で101モデル(前年は90モデル)が受賞した。

 受賞したモデルが最も多かったのはHyundai、Kia、Genesisの3ブランドを展開している韓国・現代自動車グループ(Hyundai Motor Group)である(図1)。「Top Safety Pick+」が11モデル、「Top Safety Pick」が10モデルで合計21モデルが受賞した。次いでドイツVolkswagen(フォルクスワーゲン)グループで合計11モデル、スウェーデンVolvo(ボルボ)が合計10モデルとなった(図23)。

図1 高い安全性が評価された現代自動車の燃料電池車(FCV)「NEXO」
図1 高い安全性が評価された現代自動車の燃料電池車(FCV)「NEXO」
運転席側の前面スモールオーバーラップの結果。車両の前部は大きくつぶれて衝突のエネルギーを吸収したが、乗員室はつぶれなかった。(写真:IIHS)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 小型車部門で最優秀賞を受賞した6モデル
図2 小型車部門で最優秀賞を受賞した6モデル
(出所:IIHS)
[画像のクリックで拡大表示]
図3 「Top Safety Pick+」を獲得した22年型モデル
図3 「Top Safety Pick+」を獲得した22年型モデル
(出所:IIHS)
[画像のクリックで拡大表示]