全2386文字
PR

 日本製鉄は、自動車用鋼板のライフサイクル全体における二酸化炭素(CO2)などの温暖化ガス排出量を定量化することに成功した。クルマのボディー骨格を構成する鋼板ごとの温暖化ガス排出原単位の影響を加味した評価や、鋼板の使い方が温暖化ガス排出量に与える影響などの評価ができるのが特徴である。自社の自動車用鋼板の製造工程だけでなく、LCA(ライフサイクルアセスメント)の観点から温暖化ガス排出量を可視化することで、自動車メーカーに軽量化ボディーを提案する際の武器にする。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)