全1711文字
PR

 「特効薬はない。いろいろな手段を組み合わせて、何とか影響を減らす努力を続けている」。半導体の需給が逼迫する状況について、デンソー経営役員でCTO(最高技術責任者)の加藤良文氏はこう語る。半導体不足へのさまざまな対応策の根底にあるのは、自動車業界と半導体業界のギャップを埋めることだ。

 自動車業界の常識は、短期発注と長期間使用(図1)。できるだけ在庫を抱えないように、3カ月単位という短いスパンで発注を繰り返してきた。それでいて調達する半導体は、信頼性を重視して「同じ製品を10年以上使い続けることもある」(同氏)。製品ごとの生産量は、データセンターやスマートフォン向けの半導体などに比べると少なく、半導体メーカーとしては製造ラインを維持するコストがかさむ。

図1 自動車業界と半導体業界のギャップ
図1 自動車業界と半導体業界のギャップ
前提とする常識が大きく異なるという。(出所:デンソーの資料を基に日経Automotiveが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 発注量の増減が激しい上に、数が出なくて製造コストも高い─。半導体メーカーにとって自動車業界は、“面倒な客”になっていた。その事実が表面化したのが今回の半導体不足で、自動車業界が「買い負けるようになった」(ある自動車メーカーの調達担当者)。発注量を長期確約しつつ早期に製品を切り替えてくれるデータセンター/スマホ業界のほうが付き合いやすい顧客に映ったわけだ。

 こうした状況を是正するため、デンソーは発注期間を見直した。これまで3カ月単位だったが、1年以上の長期発注に改めた。2022年からは2年先の発注量も半導体メーカーに内示するようにした。さらに、10年後の技術動向や数量の見通しも半導体メーカーに伝え始めた。