全1271文字
PR

 駆動系部品を手掛けるユニバンスが電動アクスル注)「DMM Axle(Dual Motor Multi Driving Mode e-Axle)」の開発に注力している(図1)。最大の特徴は、2つのモーターと2段変速機構を搭載し、4種類の走行モードに対応した点だ。これにより、電力消費率(電費)を向上できる。2025~2026年に量産を目指す。

注)電動アクスルは、モーターとインバーター、ギアボックス(減速機と差動歯車装置)を一体化した電動駆動システム。
図1 「DMM Axle」の展示品
図1 「DMM Axle」の展示品
展示品はモーターとインバーターを搭載していない。(写真:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 ユニバンスはもともと、電動トラックや電動バス向けのギアボックスを手掛ける。今回の電動アクスルでは、ギアボックスは内製品を使い、モーターとインバーターは外部から調達する方針だ。