全1998文字
PR

 ジェイテクトは、高耐熱リチウムイオンキャパシター(以下、高耐熱キャパシター)の第2世代品を2024年以降に投入し、本格的な量産を始める(図1)。2022年7月に開いた説明会で計画を明かした。

図1 ジェイテクトが開発した高耐熱キャパシター
図1 ジェイテクトが開発した高耐熱キャパシター
容量は1000Fで、両側からタブを出したタイプ。(写真:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社が高耐熱キャパシターの第1世代品の生産を開始したのは2019年10月である。高温や極低温など厳しい環境下でも使える特徴があり、自動車メーカーだけでなく、農機・建機メーカーも含め「国内外問わず引き合いが来ている」(同社フェローで蓄電デバイス事業部部長の西幸二氏)状態だ。同時に課題も見えてきた。西氏によると「コストの問題があり、なかなか量産フェーズまで追求できていない」という。

 そこでジェイテクトは、コストを低減した第2世代品の開発を急ぐ。「2023年までは第1世代品をサンプル的に使ってもらい、2024年以降に第2世代品を発表する」(西氏)。同氏は「当社の高耐熱キャパシターの最終的な目標はコスト半減だ」と語った。

 第2世代の高耐熱キャパシターは、顧客のニーズに合わせて、新たな材料の使用や生産性の向上によって低コスト化を図る。性能面では、現世代品よりも内部抵抗を下げる。特に大電流領域の信頼性をさらに高めるとした。