全1245文字
PR

 ドイツ・アウディ(Audi)日本法人は2019年11月、8年ぶりに小型ハッチバックの「A1 Sportback」を全面改良した(図1)。「A1 Sportbackは、年間4000台の国内販売が目標だ」─。アウディ日本法人のフィリップ・ノアック(Philipp Noack)社長は力を込める。全長4040×全幅1740×全高1435mmといった小型の車両寸法と、400万円未満といった輸入車の中では低い価格を武器に、20~30歳代といった若年層への販売に注力して顧客層を拡充する。

(a)
(a)
[画像のクリックで拡大表示]
(b)
(b)
[画像のクリックで拡大表示]
図1 A1 Sportbackの外観
(a)フロントビュー。写真は「A1 Sportback」で、排気量が1.5Lのグレード。外観の一部を変更して、よりスポーティーなデザインにした。(b)リアビュー。新プラットフォームを採用し、ホイールベースは全モデルよりも95mm拡大した。車両寸法は、全長4040×全幅1740×全高1435mm。(撮影:日経Automotive)

 「A1のような小型の輸入車市場は年間3万5000台程度。その中で、十分に台数を伸ばしていける」とノアック社長は述べる。

 新型A1のプラットフォーム(PF)は、ドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen:VW)の小型ハッチバック「ポロ」が採用しているMQBがベースだ。前モデルと比較して、ホイールベースが95mm拡大している。

 エンジンは排気量が1.5L(35 TFSI)と、排気量が1L(25 TFSI)の2種類を用意する。いずれもガソリンで、ポロが搭載しているエンジンと基本ユニットは同じだ。25 TFSIは2020年第2四半期に日本への導入を予定している。ディーゼルエンジンを搭載したグレードは欧州で設定がないため、日本でもラインアップにはない。

 A1は2013年ごろに日本国内で年間5000台を販売したモデルだ。前モデルは若年層を主軸に、街乗りをイメージした柔らかいデザインだった。新型ではデザインを一新。スポーツ車のイメージを強めた。

 イメージの路線を変更した背景には、若年層以外からの需要が多くあったことが影響しているようだ。アウディによると、前モデルの場合、若年層だけでなく子育てが終わった40~50歳代といった世代からも注目を集めたという。