全1732文字
PR

 トヨタ自動車は2020年8月、小型SUV(多目的スポーツ車)の新型車「ヤリスクロス」を発売した(図1)。小型車「ヤリス」と同様、同社の車両開発手法「TNGA(Toyota New Global Architecture)」に基づくBセグメント向けプラットフォーム「GA-B」を適用し、予防安全性能や燃費性能を強化した。さらに、SUVとしての悪路走破性を高めた。新型車を武器に、激戦区の日本の小型SUV市場を攻める。

図1 小型SUVの新型車「ヤリスクロス」
図1 小型SUVの新型車「ヤリスクロス」
小型車「ヤリス」と同様、トヨタの車両開発手法「TNGA」に基づくBセグメント向けプラットフォーム「GA-B」を適用した。(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 予防安全性能では、同社の先進運転支援システム(ADAS)「Toyota Safety Sense(第2世代):TSS2」の改良版を搭載し、自動ブレーキを交差点の右左折に対応させた。トヨタの車両では既に、ヤリスと小型SUV「C-HR」、レクサスブランドの中型セダン「IS」の自動ブレーキが交差点に対応している。今回の新型車は、交差点対応の自動ブレーキを搭載する4車種目となる。

 TSS2改良版の主要センサーは、単眼カメラとミリ波レーダーを使う。このうち、主に単眼カメラのソフトウエアを改良して、自動ブレーキを交差点に対応させた。カメラのハードウエアの仕様は変更していない。

 この改良型カメラを使い、交差点の右折時における対向車や、右左折時に前方から横断してくる歩行者を検知して、自動でブレーキをかける(図2)。

図2 自動ブレーキの作動イメージ
図2 自動ブレーキの作動イメージ
交差点の右折時における対向車だけでなく、右左折時に前方から横断してくる歩行者を検知して、自動でブレーキをかける。(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]