全2272文字
PR

 トヨタ自動車は2021年9月、SUV(多目的スポーツ車)タイプの新型車「カローラクロス」を日本で発売した。広い車内空間や使い勝手・乗り心地の良さに加えて、力強い走りと低燃費を両立したことなどが特長である。200万円を切る低価格を武器にして、激戦の国内SUV市場を攻める。

 カローラクロス(以下、新型車)は、ガソリンエンジン車とハイブリッド車(HEV)を用意した。駆動方式はガソリン車が2WD(前輪駆動)、HEVは2WDと4WD(4輪駆動)を設定する。車両の最低価格(消費税込み)はガソリン車が199万9000円、HEVが259万円である。ガソリン車とHEVのいずれも、競合車となるホンダ「ヴェゼル」や日産自動車「キックス」よりも最低価格は大幅に安く、HEVの燃費性能は競合車を上回る。両車にとっては、強力なライバルが登場した(図1)。

図1 中型SUVの新型「カローラクロス」
図1 中型SUVの新型「カローラクロス」
21年9月に日本で発売した。車両寸法では「C-HR」と「RAV4」の間に位置する。(写真:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型車はトヨタの高岡工場(愛知県豊田市)で生産するが、東南アジアにおける新型コロナウイルス変異株の感染拡大などによって部品調達が滞り、同工場では21年9月と10月に減産を行った。新型車の開発責任者であるトヨタCompact Car Company TC製品企画 ZE チーフエンジニアの上田泰史氏は、「今後の部品の調達状況を注視しながら、納期が遅れないようにしていく」と言う。