全872文字
PR

 マツダの欧州事業を統括するドイツMazda Motor Europe(マツダ・モーター・ヨーロッパ、MME)は2022年3月、中型SUV(多目的スポーツ車)の新型車「CX-60」を初公開した(図1)。最大の特徴は、同社の新しい縦置きエンジン用プラットフォーム(PF)「ラージ」を初採用した点である。欧州市場には、同社初となるプラグインハイブリッド車(PHEV)から投入する。

(a)
(a)
[画像のクリックで拡大表示]
(b)
(b)
[画像のクリックで拡大表示]
図1 マツダの新型SUV「CX-60」
(a)フロントビュー、(b)リアビュー。(画像:マツダ)

 発売は22年夏を予定する。ドイツでの販売価格は4万7390ユーロ(135円/ユーロ換算で約640万円)から。マツダは、同年3月11日から防府第2工場(山口県防府市)で生産を始めた。