全2746文字
PR

2022年ごろから自動車メーカーがジェイテクトのラミネート型高耐熱リチウムイオンキャパシター(以下、高耐熱キャパシター)を採用する(図1)。用途は、電動パワーステアリングの補助電源だ。

図1 高耐熱キャパシター
図1 高耐熱キャパシター
ラミネートタイプ。電動パワステの補助電源として自動車メーカーが2022年ごろから採用し始める。(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 ジェイテクトが持つ現行の電動パワーステアリングのラインアップは「Eセグメント」向けまで。それ以上の大型車種にはモーターの出力が足りず、電動パワステを使えない。そこで、高耐熱キャパシターを補助電源に使い、出力を補う注1)。これにより、「Fセグメント」、すなわち大型SUV(多目的スポーツ車)やピックアップトラックにまで電動パワステを使えるようにする(図2)。

注1)出力向上の仕組みはこうだ。電動パワステは12V電源を使う。この電圧を高耐熱キャパシターを使って18Vに昇圧。これをモーターに印加し、電流を一定のまま出力を18/12=1.5倍にまで高める。
図2 高耐熱キャパシターの用途
図2 高耐熱キャパシターの用途
現行の電動パワステの適用範囲は出力的にEセグメントまでが限界。そこで、高耐熱キャパシターを補助電源として使い出力を高め、電動パワステのラインアップをFセグメントまで広げるのがジェイテクトの狙い。(出所:ジェイテクト)
[画像のクリックで拡大表示]