全3765文字
PR

日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」は、2020年12月に初代の発売から10年を迎える。クルマの寿命を10年とすると、いよいよ使用済み電池(中古電池)の本格的な回収が始まる。ただ、再利用は容易でなく、倉庫に山積みになるリスクも抱える。リーフの中古電池はどこまで再利用できるのか、取り組みの最前線を追った。

写真:日産自動車
写真:日産自動車
[画像のクリックで拡大表示]

 「リーフの中古電池でまったく使えないほど劣化しているものは数%しかない」。こう話すのは、中古電池の再利用事業を手掛けるフォーアールエナジー(以下、4R、横浜市)社長の牧野英治氏である(図1)。同氏は日産出身で、リーフのプロジェクトにたずさわる中で4Rの設立を提案した。

図1 4R社長の牧野英治氏
図1 4R社長の牧野英治氏
リーフの中古電池は、その価値が正しく評価されていないと指摘する。(出所:4R)
[画像のクリックで拡大表示]

 4Rは、初代リーフが発売される3カ月前の2010年9月に日産と住友商事の合弁で設立された。大きな目的の1つが、「中古電池の事業化を通じて、EVの残価を高め、EVの販売拡大に貢献すること」(同氏)である。

 「今は中古電池の価値が正しく評価されていない」と同氏は指摘する。本当はまだ使える余地があるのに、その価値を十分に生かせていない。その結果、リーフの中古車価格は過小評価されている。「本来のEVの価値を取り戻したい」(同氏)とする。

 21年から本格的にリーフの中古電池が戻り始める。その量は「年間約5000パック注1)」(同氏)を見込む(図2)。

注1)リーフは車両1台に1パックの電池を搭載する。電池1パックは48個の電池モジュールで構成される。
図2 初代リーフの電池パック
図2 初代リーフの電池パック
初代リーフの電池パックは48個の電池モジュールで構成されている。(出所:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ、中古電池の再利用事業は始まったばかりだ。18年3月に福島県浪江町に開発・製造を担う事業所を設立し、事業を本格化させた(図3)。

図3 浪江事業所を18年3月に設立
図3 浪江事業所を18年3月に設立
中古電池事業の開発、製造を担う。(出所:4R)
[画像のクリックで拡大表示]