全2257文字
PR

部分改良でありながら、外板パネルのほとんどを刷新した車両がある。トヨタ自動車のセダン「レクサスIS」だ。目を引くのが、トランクリッドやフェンダーなどに刻まれたシャープなプレスライン。「R3」(曲率半径3mm)という異例の鋭さを実現するため、トヨタの板金技術者は「世界初」の工法を編み出した。

写真:トヨタ自動車
写真:トヨタ自動車
[画像のクリックで拡大表示]

 「やっぱり割れちゃうよね」

 挑戦の始まりは、現状の技術の限界を確かめることだった。

 トヨタ自動車が2020年11月に部分改良して発売した「レクサスIS」。プラットフォームを繰り越したことから同社は部分改良と位置付ける。だが、全面改良と言っても文句なし。20年12月にあった試乗会で実車を確認して開発陣に話を聞いて、筆者は素直にそう思った。

 特に開発陣のこだわりを強く感じたのが外観デザインの変更である。フロントピラーとセンターピラー、そしてそれらが支える前席の天井を除く全ての外板パネルの形状を見直した(図1)。

図1 レクサスISの外観変更箇所
図1 レクサスISの外観変更箇所
部分改良でありながら、外観のほぼ全てを刷新した。(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型レクサスISの開発責任者を務めた小林直樹氏(Lexus Internationalチーフエンジニア)は「FR(前部エンジン・後輪駆動)セダンの火を消さない。SUV(多目的スポーツ車)全盛だが、もう1回セダンに目を向けてもらいたい」と語る。