全4095文字
PR
写真:トヨタ自動車
写真:トヨタ自動車
[画像のクリックで拡大表示]

トヨタ自動車は2021年8月、SUV(多目的スポーツ車)の新型「ランドクルーザー」(300シリーズ)を発売した。先代車(200シリーズ)から14年ぶりの全面改良で、トヨタの車両開発手法「TNGA(Toyota New Global Architecture)」に基づく、フレーム車向けプラットフォーム「GA-F」を初めて採用した。一方でパワートレーンは、ハイブリッド車(HEV)の設定を見送った。

 新型車の開発責任者であるトヨタMid-Size Vehicle Company MS製品企画 ZJ主査の横尾貴己氏は開発の狙いとして、「素性の刷新」を挙げる。信頼性や耐久性、悪路走破性といったランドクルーザーの特徴を継承しつつ、「世界中どんな道でも運転しやすく、疲れにくい走りの実現を目指した」(同氏)という(図1)。

図1 14年ぶりに全面改良した新型「ランドクルーザー」
図1 14年ぶりに全面改良した新型「ランドクルーザー」
価格は、ガソリン車が510万~770万円(消費税込み)で、ディーゼル車が760万~800万円(同)。車両寸法は全長4950~4985×全幅1980~1990×全高1925mmで、ホイールベースは2850mm。車両質量は2360~2560kgである。(写真:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 横尾氏の言葉通り、新型ランドクルーザーは車両の根幹をなすラダーフレームをはじめとするボディーからサスペンション、パワートレーン、パワーステアリング(パワステ)まで、新設計した部品を全面的に採用した(図2)。さらに、盗難対策として、指紋認証センサーを備えたスタートスイッチを日本車で初めて搭載した。

図2 新型ランドクルーザーのシャシー
図2 新型ランドクルーザーのシャシー
TNGAに基づくフレーム車向けプラットフォームであるGA-Fを初めて採用した。(写真:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]