全2833文字
PR

日産自動車はSUV(多目的スポーツ車)タイプの新型電気自動車(EV)「アリア」を量産する栃木工場(栃木県上三川町)の新ラインを2021年10月に公開した。極限まで生産の自動化を進めることで、競合他社のEV専用ラインに比べてコスト競争力を高めたという。

撮影:日経Automotive
撮影:日経Automotive
[画像のクリックで拡大表示]

 「栃木工場の新ラインでは、車体の溶接工程や塗装工程については、ほぼ完全自動化を達成した。だが、他社と違うのは、組み立て工程を大幅に自動化したことだ」。新ラインに導入した生産技術コンセプト「ニッサンインテリジェントファクトリー(NIF)」を長年開発してきた日産自動車常務執行役員車両生産技術開発本部担当の平田禎治氏はこう話す。

 組み立て工程では、約3000個の部品を1つの生産ラインで組み付ける。「今はかなり部品数が減ったものの、人の技能に頼って組み付ける点では、基本的に『T型フォード』と変わらない。組み立て工程をどこまで自動化できるかが、生産性の鍵を握る」(同氏)という。

 さまざまな自動化技術を集結させることで、組み立て工程の自動化率は栃木工場が日産の中で最も高くなった。自動化率の具体的な数字は明かさないが、「競合他社に比べて非常に高く、競争力がある」(同氏)とする。一方、「それでも、まだ100%にはほど遠い」(同氏)と、改善の余地もうかがわせる。

 新ラインで試作中の新型電気自動車(EV)「アリア」は、間もなく量産に入る(図1)。アリアの量産だけでも、競合他社のEV専用ラインに比べて「コスト競争力は十分に高い」(同氏)という。しかし、本領を発揮するのは、ハイブリッド車(HEV)やエンジン車と混流生産したときになる。新ラインは、異なるパワートレーンの車種を同一ラインで効率的に生産できることを最大の強みとするからだ。

図1 栃木工場で量産する新型EV「アリア」
図1 栃木工場で量産する新型EV「アリア」
アリアの価格は、ベースモデルで539万円(税込み)。EV「リーフ」の電池容量が近いモデルに比べて100万円ほど高い。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は30年代の早期に主要市場における新型車をすべて電動化する目標を掲げながらも、すぐにEV市場が立ち上がるとは考えていない。当面は独自のHEV技術「e-POWER」など、内燃機関を搭載する車種が稼ぎ頭とみる。新ラインでは、そうした車種を投入しても、追加投資が発生しにくい柔軟な生産方式を目指した。その考え方は、「かつての『日産生産方式(Nissan Production Way)』から脈々と受け継がれたものだ」(同氏)という(図2)。

図2 日産常務執行役員の平田禎治氏
図2 日産常務執行役員の平田禎治氏
NIFの技術は、かつての日産生産方式から脈々と受け継がれたものだと説明する。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]